Tokyo

04/15 (月)

巣鴨庚申塚(東京・巣鴨)(すがもこうしんづか/Sugamo Koushinzuka)

巣鴨の庚申塚は、1502(文亀2)年に高さ八尺(約2.4m)にも及ぶ庚申塔が建てられたことが創祀といわれています。江戸時代には、中山道の板橋の宿場にも近かったことから、茶屋が並ぶ旅人の休憩所として大いににぎわいました。当時庚申塔は道標にもなっていたとか。歌川広重の浮世絵にも描かれているほか、茶屋に立ち寄った小林一茶が詠んだ句も残されています。庚申塔そのものは現存しませんが、現在は庚申堂が建てられており、道の神、旅人の神として知られる猿田彦大神を合祀しています。

スポット概要Outline

住所 東京都豊島区巣鴨4-35
アクセス 都電庚申塚駅から1分
電話 なし
外部リンク
公式ホームページ
創立・開業 1502(文亀2)年

あなたはどちら...?

TOP
MENU