Tokyo

07/13 (土)

田村酒造場

文久5年(1822年)

家訓である「丁寧に造って、丁寧に売る」を実直に守る酒蔵

田村酒造場は、文久5年(1822年)に酒造業を始めた酒蔵です。2022年には創業200年を迎えた老舗企業で、伝統を守りながらも進取の精神にならった酒造りをされています。コストとのバランスを考えながら、高品質な日本酒を製造・販売しています。田村酒造の代表作である「まぼろしの酒 嘉泉」シリーズは、敷地内に酒造りに適した嘉(よ)い水が得られたことから名付けられています。嘉泉の代表銘柄「特別本醸造 幻の酒」は、香りが控えめでコクのある飽きのこない美味しさです。
「嘉泉」以外にも「かねじゅう田むら」といった選りすぐりの日本各地のお米の味を楽しめる商品やMADE IN TOKYOを掲げた「東京和醸」といった芳醇な味わいの商品も販売しています。オンラインショップが充実しており、購入がしやすいのも魅力です。
蔵見学は、通常事前予約制ですが、福生蔵開きの日は事前予約不要・入場制限なく蔵見学が可能です。

沿革History

文政5年(1822年)田村家9代目当主である勘次郎の代に酒造業を興し、現在に続く田村酒造場が生まれました。近隣の酒造家・酒屋と店内関係を結び、一貫した販売体制を築いて販売網を拡大しました。
田村酒造場の代表作である嘉泉は昭和48年(1973年)、15代目田村半十郎の代にうまれ、現在まで愛されるベストセラー商品となっています。

ここに注目Pickup

特別本醸造 幻の酒

2,310円(1.8ℓ)

酒造好適米を60%まで精米して使用した特別本醸造酒です。しっかりとした飲み口で後口の良さも魅力のお酒です。熱燗にも冷やにも向いており、温度の違いによる味わいも楽しめます。旨みの強いので、焼き鳥やチョコレートなどに合うお酒です。

田むら 吟ぎんが

3,421円(1.8ℓ 専用箱入)

岩手県産の酒造好適米吟ぎんがを55%まで高精米して醸造し、瓶燗火入れを採用した純米吟醸酒です。フルーティーな香りと味の余韻が深いお酒で、冷やして飲むのがおすすめのお酒です。塩焼きした魚やポテトサラダといった和食によく合います。

特別純米 東京和醸

1,650円(720ml)

芳醇な味わいの特別純米酒です。瓶燗火入でお酒本来の風味を残しており、やや辛口で食中酒に向いています。常温で飲むのがおすすめで、鯛のあら煮や揚げ物によく合います。和食だけでなく洋食との相性もよく、華やかな桜と東京の街並みをイメージしたパッケージで、海外や地方へのお土産にも最適です。

体験してみようExperience

酒造見学(参加費:無料 所要時間:1時間程度)

■少人数酒造見学
参加人数が1~5名様までのグループの方限定の蔵見学。
定員は15名。指定した日程(月1~2回土曜日開催)14:00〜に参加可能。
1組1~5名様で企業HPより事前予約、定員になり次第、受付は終了。
■団体酒造見学
参加人数が10名様以上の場合に予約できる蔵見学。
定員は15名。希望の日時を指定可能。
1日1団体限定。休業日(日/月/祝)や蔵の予定により催行ができない日もあり。

老舗概要Outline

住所 〒197-0011 東京都福生市福生626
アクセス 電車:JR青梅線「福生駅」から徒歩で約10分
車:圏央道「日の出IC」から約4km(駐車場正門前)
電話 042-551-0003
営業時間 8:30〜17:00
定休日 日曜・祝日(冬季を除き月曜日休業あり)
支払い方法 現金、クレジットカード
外部リンク
公式ホームページ

※掲載の情報は、記事公開時点のものです。変更される場合がございますのでご利用の際はご確認ください。

あなたはどちら...?

TOP
MENU